読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

w-inds.への日々の想いを書きとめたもの

2016.2.13 Blue Bloodプレミアトークイベント(w-inds.さんヴァレンタインの思い出話)

★ヴァレンタインにちなんだトークテーマと思い出話
ここで観覧に当選した方に事前に質問募集したテーマでのお話へ。
テーマは「バレンタイン直前!あなたが考える理想のチョコを渡すシチュエーションは?」

 

●男性ファンからの質問内容がまず読まれる。
「自分は貰う方なのでお返しにw-inds.の歌を贈りたいと思います。w-inds.さんならどの曲を選びますか?」
慶「逆に質問されちゃったよ(笑)これは何ですかね。ロマンティックな曲?Sexy Girlとか。BlueBloodのアルバム曲だとI’m all yoursとかいいんじゃないですかね」
涼「Sexy Girlいいね」
龍「自分はテレビの中から出てきながら・・・」
慶「それ貞子じゃんっ(笑)」
龍「Sexy Girl~っていいながら」
慶「あっ、こっちがガールなんだ」
龍「それかキッチンの水道の下の方から手を出して・・・」
涼「ホラーだ(笑)」

“Sexy Girl”

www.youtube.com

“I'm all yours”

www.youtube.com

 

●女性ファンからの質問内容へ
龍「これ面白いよ。とりあえず読んでみるね。まずはw-inds.のスタイリストになります」
慶「趣旨が違うね(笑)」(間髪入れずに突っ込む慶太くん)
龍「そして、慶太くん。はいっズボンです。はいっジャケットです。はいっ靴です。はいっチョコです!」
慶「業務的だね(笑)」
ここで慶太くん実演。龍一が渡す係り。
「(はいっズボンです)はいっありがとう。(はいっジャケットです)はいっありがとう。(はいっ靴です)はいっありがとう。(はいっチョコです)はいっありがとう」(テキパキ受け取る慶太くん)
会場は笑いの渦に(笑)

 

●会場のファンに慶太くんから質問を投げかける。
慶「この中で明日告白する人?」(会場を見渡す)
龍「いやっ、いないでしょ」
会場「笑」
龍「だってさ、わざわざヴァレンタインの日に告白ってないでしょう今は」
慶「時代だね」
龍「みんないつも有難うのチョコでしょ」
慶「皆さんけっこう頷いているのでそうなのかと(笑)」

 

●慶太くんから涼平くんへの質問
慶「涼平くんは今まで貰ったシュチュエーションとかで忘れられないものありますか?中学の頃にすごいモテてたとか。いくつ貰ったの?」
涼「13個かな。今まで全然もらってなかったから。うおぉ!何で?どうしたんだろうと思って。スクールに通ってたからそこで貰ったり」
慶「あの人も(龍一を指さす)同じスクールだったんだよね(笑)?龍一くんはいくつ貰ったの?」
龍「6個はもらったかな」
涼「いやぁ~あんな青春はもうないね(寂しそうな顔で)」
慶「でも、ここにいるファンの方からも頂いているからね」(慶太くんのフォロー)

 

●慶太くんのヴァレンタイントラウマ話
慶「実はヴァレンタインで忘れられない事があって。幼稚園の頃ってほとんど覚えていないんですけど、あまりにも印象に残っていて。初めてチョコを貰ったんですね。それが嬉しくてその日からお返しをどうしようかとずっと考えていて、当日渡すアイテムをもって幼稚園に行ったら遠くにその子がみえて、、

まだ〇〇くんと〇〇くんからお返しもらってないって言ってる光景をみてしまって・・・」

涼「うわぁ~~~(顔をしかめる涼平さん)」
慶「そう(笑)その子、全員にあげていて誰からお返し貰ってないか数えてたんですよね。それですごく傷ついて・・・ちょっと今から怒りに行ってきます!!!(立ち上がって入口へ向かおうとする)」
龍「それでは今その女性に来ていただいています」(龍一くん悪乗り)
会場はまたも笑いの渦へ。

 

●ライブのおまけ話
慶「今回カメラを持って写真をいろいろ撮っていて、涼平くんと龍一くんのマッサージ姿を撮ったのは僕です」
これがその写真↓

www.instagram.com

龍「オフショットのプロですね」
慶「僕にしか撮れない二人の姿ってあると思うんですよね。この写真も絶対カメラマンが入って撮ってたら怒ってると思う」
涼「怒るんじゃなくて厳重に注意するね!!」
会場「 笑 」
慶「リハ中は僕もマイク持ってるから撮るのは難しいね。撮る時は撮る方がどういう心持ちで撮っているのかが大事ですね」

**************************************************************************************************
トークイベントまとめこれにて終わりです。
内容前後しているかもしれませんが、大体このような内容です。
会場も200名と少ない中でのトークイベントだったので、ファンとの距離も近く始終笑いながら和やかに過ぎていき、1時間あっという間でした。
改めてw-inds.さんトークだけでも面白い(^^)
いいイベントでした。

2016.2.13 Blue Bloodプレミアトークイベント(ライブ思い出話~涼平くんの骨折~香港公演)

そして本題のBlueBloodツアーのお話しへ。

 

★ライブ前の緊張感について
涼平くんも慶太もライブ前や初日はいつも緊張していた。
慶「Timelessあたりから緊張がなくなりましたね。リハを長くやってるわけではないし、何なんでしょうね」
涼「自分は気持ちの持ち方を変えたら楽になった。14年経ってようやく」
慶「それはどういう?」
涼「これまでは楽屋のまんまライブの舞台に立って、幕があいたところでスイッチが入っていたけれど、ライブ前に舞台でお祈りしてから立つことによって緊張しなくなった」
慶「えっ?じゃあスイッチはいつ入ってるの?」(混乱する慶太)
龍「だからー、ゆっくり入ってるって事でしょ。事前にステージに立つ事で」

慶太も客席も千葉さんの本番スイッチに納得したところで次の話題へ。

 

★会場の思い出話
テレビ画面に映し出されているツアー日程一覧をみながら
ちなみにツアー日程はこちらを→w-inds. LIVE TOUR 2015 “Blue Blood”


思い出の会場はあるかという話から、福岡サンパレスが閉館になるという話へ。

龍「w-inds.1st LIVEで俺がサンパレス!!ヨンパレス!!っていったとこが・・」
といった瞬間に涼平くんが大爆笑。。。
慶「涼平くんのツボに入ったみたいです(笑)」
涼「思い出した(笑)」
慶「えっ?それってライブ中?」
龍「いやっ、ライブ前」
慶「びっくりした。まさか1stライブでそんな事やってたのかと思った」

 

広島の上野学園ホールについて
龍「あー伝統的な感じの建物」
慶「言葉選んだね(笑)」
龍「司会ですから!綺麗な感じじゃないとこ!」
涼「あ~古き良きね」

 

新潟県民会館について
龍「慶太が田所さんの子供泣かしたところ、14年前に」
慶「スクリームのお面被って追っかけたら泣かれて、喜んでるもんだと思って」
龍「慶太しつこいんだよね」
慶「そう、しつこいんだよね。あれ以来口きいてくれなくなった(笑)ちょっと待ってBlueBloodの振り返りでなんで過去の話なの?」
龍「いやぁ~15年の思い出も振り返りながらね。そして涼平が骨折したところ」
慶「そこはさらりと言うんだね(笑)そう、何年もおどっていたダンスでまさかね」
涼「いやぁー本当に折れると思わなかった。けっこう長引いて全治3か月くらい」

このとき龍一が司会用に人差し指でさしているポーズの大きな指示棒を持っていたのだけれど慶太がその指先をさして


慶「涼平くんの指、龍一くんがもってるあの指くらいになってて」
会場「えーーー!!」(驚きの声)
慶「本当に」
涼「次の日が仙台でバス移動してたから、仙台の病院に行ったらやっぱり骨折って言われて。皆の空気がピリピリしてた」
龍「慶太は涼平がパフォーマンスできないならライブをやめようって話してた。それはやっぱりお金を頂いてみせていることだから。でも涼平が、いやっ!できるって言ってやることになった」
涼「骨折の事を(これから来る人に)伝えるんだったらライブはやらないつもりだった。だってライブ中にお客さんも楽しくなくなるでしょ?大丈夫かなって気になって」
慶「そう。僕の歌ってるところなんてきいてくれないかも」(笑いに変えようとする慶太)
涼「いやいやそんな事ないよ」
慶「僕が歌っても、邪魔だよ!涼平君みたいんだよみたいな」
龍「でも涼平よくやりきったよ」
涼「周りのサポートと二人の支えがあったからですよ」

会場一斉に拍手!!!!!!

新潟後から涼平くんのアクロバットがなくなったから怪我をしたのかと騒がれていたけれど、骨折しつつのあのパフォーマンスだったのかと思うと本当にすごい人だなと。いま映像になったものをみても全く骨折している事を感じさせないパフォーマンスですね。
骨折の事をいうんだったらライブやらないって考え方も涼平くんらしいなと。

★香港公演の話

海外のファンはとても距離が近い。外でもずっと近くについてくる。涼平くんはいなくて慶太と龍一とスタッフ3人で中華を食べに行った時、隣の円卓にファンが座った。

龍「普通はさ、隣の席についたらこっそりみてくるじゃん?そしたら視線感じてみてみたらお椀を持って、身体は俺たちの方むけて、ガン見しながら食べてるの!!」

 

といって、食べながら瞬きせずにじっとみてくる動作を真似する龍一www


この動作がえらく面白かった(笑)芸達者龍一さん。

慶「でっ、その子たちに君おもしろいねって言ったんだよね(笑)」

 

香港ライブ中の出来事について。

海外だとファンがライブ中に火をつけて明るくしたりする。今回はその代わりにスマホのライトをつけて明るくしてくれた。それがすごく綺麗だった。

慶「CANDLE LIGHTって曲があるんですけど、あれって歌い終わった後に小さい穴に屈みながら入っていくの。それがかっこ悪いから見えないように暗転するんだけど、そのライトで明るすぎて、あぁーこのまま捌けるのいやだなって思ってたら、待っててもやっぱり暗くならなくて少しかっこつけてかがみながら捌けました(笑)」

 

★セトリの話

慶太はセトリを決める時に脳内リハーサルをする。
IT’S IN THE STARS”や“SUPER LOVER”は今回のセトリに入っていなかった。

慶「最初のセトリで盛り上がるものと静かなものとイメージしてみてもうまくいかなくて・・・」
涼「それって俺もみられるの?」(突然くいつく不思議系千葉さん)
慶「えっ?脳内ですけど(笑)」
涼「みたいな~~~~」(甘え)
慶「じゃあ次はチケット用意するので(笑)頭の中で考えて集中するから気力も消耗する」
龍「MCもね、時間ちゃんとはかってやってるんですよ実は」

***************************************************************************************************

ここまでBlueBloodツアーの思い出話と裏話です。
聞いた内容を思い出してメモに書き留めていたので、少し違うところもあるかもしれませんが、伝わると嬉しいです。

次はw-inds.との事前質問に答えるコーナーとバレンタインの思い出話です。

 

2016.2.13 Blue Bloodプレミアトークイベント(黒ひげ危機一髪と近況話まで)

w-inds.ブログ開設してみました。

個人の記録、感想用ですが共有できれば幸いです。************************************************************************************

さて、話は今年の2月に遡りますが私w-inds.ファン15年やっていて

何かに当たったためしがなかったのですが

 

当たりました!!!BlueBloodのトークイベントに!!!しかも整理番号がかなり良い(震え)))

 

日程はバレンタイン前日の2月13日。

(私の誕生日前日。勝手に感じる運命。オタク脳)))

これって3人へチョコ用意したほうがいいやつですか???

と一人喜びと興奮に震え

何があっても這ってでもこのイベントに行かねばという気持ちで臨みました。

そして当日。場所はポニーキャニオン本社虎ノ門のイベント会場。中へ入るとそれぞれのプレゼントBOXが。一応用意してきたチョコとメッセージカードを入れて受付を済ませて会場へ。

 

前から3列目の真ん中をGET。控え目にいっても近すぎる(震え)))

 

そして満を持してw-inds.さん登場。

 

近い!!ライブより近い(混乱)!!かっこいい!!

それぞれの恰好

 

涼平→迷彩柄のアウター、中に白Tシャツ(お尻を覆う長さのあるもの)、ダメージジーンズ、白いスニーカー

 

慶太→つばの少し大きいハット、黒のチェックシャツ、スリムな綺麗めのデニム(下はくるぶしくらいまでロールアップ)、白ソックス、白スニーカー

 

龍一→タイトなターコイズカラーのジャケット、縦ストライプのTシャツ、ブルー系のパンツ(7分丈くらい)、アースカラーのマットな靴(素足)

 

3人が入ってきた瞬間に会場の雰囲気が一気に穏やかなものに。いるだけで皆が微笑み、待ち時間の会場を包む緊張感はどこへやら、あっという間に癒し空間へ。心なしか涼平くんのテンション高そう。

 

そして、私が参加したトークショーは2回目(通常版で当選した人)。1回目(FC版で当選した人)の回で黒ひげ危機一髪にて誰がMCをやるか決めた流れ(誰もMCやりたくないから)で今回も黒ひげ危機一髪からのスタートへ。

 

ただし、飛び出した黒ひげを空中でキャッチしたらセーフという独自ルールあり(しかし、かつて誰も成功したことがない)


まずは龍一からスタート

緑の剣を3本もつ
慶「おっ!3本も刺すんですか!」
龍「いやっ、刺さない!!」
(マイクを左手にもって、剣は右手、右手で刺してでてきたら右手でとるというかまえ。無茶w)
慶「自分はマイクおいてやる」(負けず嫌い発揮)
龍「それはだめだよ!!」
慶「いやっ、僕刺しにきてるから今日」(目が本気モード)

龍一と慶太がやりとりする横で見守る千葉さん。

いざっ、龍一が樽に剣を刺し込む。。。。。

 

 

 

ぴょーーーんっ( `―´)!!!!

 

 

 

 

飛び出た黒ひげが樽の上で1度バウンド

 

 

 

そして、、、、、

 

 

 

すかさず龍一キャッチ( ゚Д゚)/□!!

 

 

まさかの1回目で黒ひげが飛び出るハプニングと龍一の素早いキャッチの面白さに

会場が大爆笑。

 

しかしここで一番うけていたのはリーダー千葉さん!!!(見逃さない)

 

お腹を抱えながら机の前までいき、下にひざまずいて大爆笑。(涼平くんの笑いのツボをおせる特技をもっている龍一)

 

 

かっ可愛い(゚д゚)!かつてこんな可愛い31歳の人がいただろうか。(いや、いない)

 

 

皆の笑いが少し落ち着いたところで、机にバウンドしたからやっぱりダメという事で
龍一MCによるトークイベントスタート。

 

龍「ここ意外と尺が短かったから最近の話でもしましょうか」

涼平くん舞台スーパールーザーズの話へ。

・真面目な役だったからふざけたくてもふざけられなかった。
・Leadの敬多がアドリブのところをいつも笑わせにかかってくるから笑いをこらえるのが大変だった。
・スーパールーザーズいい現場

 

恵まれた現場だねという話から

慶「ドラマとかやってる人は何か月も一緒にいるから共演者と仲良くなるみたいなんだけど、音楽やってる人って楽屋にいるだけだから仲良くなりにくいんだよね」
龍「よくMステでアーティストが隣同士で何か喋ってるのとか」
慶「Mステでたことないけどね(笑)」(さらりと自虐ネタ)
会場みんな爆笑。(わかっているよという温かさ)
龍「プロモなら出たことある!!!」
慶「僕は一人で出させて頂きましたけど」
龍「それくらいね」

 

 

そこから少しLeadの話へ。昔よりも距離が縮まった。昔は先輩というので向こうが少し遠慮していたけれど、ライジングのイベントではw-inds.の楽屋で寛いで涼平くんのお弁当を食べていた。涼平くんと敬多は何回かご飯へ行ってる。ここでw-inds.とLeadが焼肉食べに行ったときに、龍一がお金を払ってあとで二人に請求した話も少し。
DAPUMPのISSAとも龍一、昔よりも話できるようになった。

 

黒ひげ危機一髪が早めにおわったおかげで少し近況をきけて満足。
スーパールーザーズであの心の扉がなかなか開かない涼平くんがすっかり敬多くんと仲良くなっていて、敬多くんの天真爛漫さ、人懐っこささに良さを感じる。
お互いダンスに熱い二人だからより共鳴するものがあったのかなと思ったり。

 

 始まってたった数十分で笑いが絶えない温かい雰囲気でした。

会場も狭く、後ろにも立ち見がいる状態。

 

ここまでが本編前です。続きはまた(^_^)/~